Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

かつかれー

Author:かつかれー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【考察】風船貰い火シャンデラ

今回は持ち物「ふうせん」、特性「もらいび」シャンデラの考察です。
「ほのお」タイプ自体が元々有利な対「くさ」「はがね」タイプの考察は省き、「ふうせん」と「もらいび」を活かし、「ほのお」タイプやガルーラなどに対抗できるようになった点をメインに考察します。
また、クチートとシャンデラの並びでの考察もします。


シャンデラ シャンデラ(色)


特性:もらいび, 持ち物:ふうせん
技:炎技[かえんほうしゃ or だいもんじ or オーバーヒート], シャドーボール
   おにび, 選択[トリックルーム or クリアスモッグ or エナジーボールetc...]

技構成はメインウエポンの炎技と「シャドーボール」、ガルーラ対面や呼ぶガブリアス、ボーマンダ、マリルリなどに刺さる「おにび」は確定。
4つ目の技は構築や環境に合わせて選択。
低速高火力のポケモンのサポートや自身のSの低さを誤魔化せる「トリックルーム」
相手の能力上昇解除に便利な「クリアスモッグ」
「みず」タイプ、特に呼ぶスイクンやゲッコウガに刺さる「エナジーボール」
が強いと考えている。

特性の「もらいび」と、持ち物の「ふうせん」により、無効タイプが「ノーマル」「かくとう」「じめん」「ほのお」の4つとなる。
4つの無効タイプと多くの半減タイプによりバシャーモ、ウルガモス、リザードンY、ヒードランなどのメジャーな「ほのお」タイプに有利に戦うことができる。
バシャーモは「はたきおとす」や「いわなだれ」などの有効打を持っていることもあるが、努力値を{h252,b92}振れば「A233メガバシャーモのはたきおとす」を確定耐えできるので、削りや「とびひざげり」の透かしダメージを入れることができれば「シャドーボール」で倒すことができる。
ウルガモスは「クリアスモッグ」を採用することで、後出しのターンに「ちょうのまい」を積まれてかつ「めざめるパワー岩」を所持していない限り、安定して勝つことができる。「はねやすめ」を持っていた場合でも、「クリアスモッグ」と「シャドーボール」のDダウンや急所で押し勝つことができる。
リザードンYは有効打を持つ個体が非常に少ないのでほとんどの型に有利に戦える。
ヒードランは六世代終盤の環境では「ほのお」「じめん」タイプの技しか持たない個体がほとんどのため有利に戦える。

次に、クチートとシャンデラの並びに関して考察する。
この並びは特性の「もらいび」と持ち物の「ふうせん」を最も活かすことができる。
「ふうせん」を持たせることになった一番の理由である対ガルーラに関してだが、ガルーラのシャンデラに対する有効打として「ふいうち」「かみくだく」「いわなだれ」を持つガルーラ、もしくは「れいとうパンチ」or「れいとうビーム」+「じしん」の2つの技を持つガルーラが考えられる。
「ふいうち」は「おにび」を選択することで避けつつ「やけど」にすることができる。つまりシャンデラに対し「ふいうち」しか有効打がないポケモンに関しては、「おにび」を選択することでダメージを受けずに倒すことができる。
「かみくだく」や「いわなだれ」を持ったガルーラは、クチートに対する有効打となる「ほのお」「じめん」タイプの攻撃技を持っていないことがほとんどであるためクチートが有利に戦うことができる。
「れいとうパンチ」or「れいとうビーム」+「じしん」持ちのガルーラは、「ふうせん」を割るために氷技を打たれたターンに「おにび」を打ち「やけど」状態にさせることができる。
また、クチートと「ふうせん」「もらいび」シャンデラの相性保管が良いので、他にも拘りアイテムを持つガブリアスや「ドラゴン」タイプの攻撃技が「げきりん」のリザードンXなどに対して有利に戦える。

最後に、実際に使った努力値調整を紹介する。
1.性格:穏やか 努力値:h252 b100 d156
実数値:167-x-123-165-143-100
H-B:
A194メガガルーラの「かみくだく」を最高乱数以外耐え
A233メガバシャーモの「はたきおとす」を確定耐え
A200メガリザードンXのA1段階上昇「ドラゴンクロー」を最高乱数以外耐え

H-D:C222メガゲンガーの「シャドーボール」を最高乱数以外耐え

C:H135D115メガゲンガーに「シャドーボール」で乱数1発 (75%)

ガルーラ、ゲンガーに対し行動保障を持たせた型。
「トリックルーム」を持たせる場合、一度行動できれば切り返しが行えることから上記の調整となった。
しかし、火力が低い。メガゲンガーの攻撃を耐えるものの返しの「シャドーボール」で倒せないことが多い。

2.性格:控えめ 努力値:h252 c156 d100
実数値:167-x-110-203-123-100
H-B:
A200ガブリアスの「ストーンエッジ」を確定耐え

H-D:
C191メガゲンガーの「シャドーボール」を最高乱数以外耐え
C222メガゲンガーの「たたりめ」を確定耐え

C:
H159D116メガゲンガーに「シャドーボール」で最低乱数以外1発
H159D121メガゲンガーに「シャドーボール」で乱数1発(75%)
H181D120メガガルーラに「かえんほうしゃ」で乱数2発(80.9%)
H183D106ガブリアスに「シャドーボール」で乱数2発(85.5%)

ガルーラ、ゲンガーに対し行動できない可能性が高くなってしまった分Cに大きく努力値を割いた調整。
レーティングバトルシーズン17でC222メガゲンガーの個体数が少ないと感じ、C191メガゲンガーの「シャドーボール」を耐えるまでDを上げ残りをCに振り、対面からメガゲンガーになるべく勝てるように意識した調整。火力を上げた結果、乱数が絡んでしまうもののガルーラやガブリアスに2回以上の後出しを許さないようにできた。

シャンデラ.gif シャンデラ後.gif


以上で考察を終わります。
個人的に「トリックルーム」を覚えよく使用するポケモンの中では、クレセリア、ポリゴン2の単体性能がずば抜けて高く、次点でブルンゲルだと考えていますが、シャンデラもブルンゲルに劣るものの近い程度の性能は持っていると考えています。
ORAS環境で対戦ができる期間は残り僅かですが、興味が出た方はぜひシャンデラを使ってみてください。

スポンサーサイト

C

omment


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。